KITO

キトー応用機種シリーズキトーショートヘッド形 SHER2M

特殊構造で有効揚程の拡大に威力を発揮。

特徴

  • 標準仕様よりさらにデッドスペースを小さくした構造。
  • 既設建屋の高さが低い場合や構造上できる限り有効揚程を広げたい現場で活躍。

ダウンロード

製品詳細

チェーンに関する質問

CLチェーン・NDチェーン・ニッケルめっきチェーンとは、それぞれどのようなチェーンですか?
CLチェーンは手動チェーンブロック用のロードチェーンの表面にニッケル合金を浸透拡散させたものです。
NDチェーンは電気チェーンブロック用のロードチェーンの表面にニッケル合金を浸透拡散させたものです。
ニッケルめっきチェーンは、ロードチェーンの表面にニッケル合金をめっきしたチェーンです。
いずれも耐食性に優れたチェーンです。
電気チェーンブロック用にステンレス製ロードチェーンの製作は可能ですか?
ステンレス材はロードチェーンとしては、表面硬度ならびに強度が不充分であるために、電気チェーンブロック用として不適切と判断し製作しておりません。

揚程増しに関する質問

電気チェーンブロック・チェーンブロックの揚程増は可能ですか?
揚程は標準以外の長さに対応可能ですか?
また、標準揚程を買った後チェーンを継ぎ足すことは可能ですか?
揚程増は可能ですが、ロードチェーンは熱処理品であるため継ぎ足しはできません。必ず、必要に応じた長さのロードチェーンと交換してください(チェーンブロック用ハンドチェーンの場合はツナギリンクを使用して継ぎ足しができます)。
また、チェーンバケット付製品の場合は、揚程によってはチェーンバケットの変更も必要になる場合がありますので、ご相談ください。
電気チェーンブロック揚程増しの場合、チェーンバケットは変わりますか?
容量・揚程に合わせそれぞれ各サイズのチェーンバケットがあります。揚程増しの長さによってサイズの大きなバケットが必要になる場合があります。
標準バケット各サイズの最大揚程については、標準バケット揚程表(ER2)・標準バケット揚程表(EFL,SF)を参照ください。

安全に関する質問

電気チェーンブロックは使用中停電しても問題ありませんか?
キトー電気チェーンブロックは電流が遮断される事でブレーキが作動し停止する構造です。
万一、停電になった場合も押ボタンスイッチを離した時と同様に速やかに停止し、つり荷を保持します。
電気チェーンブロック(ロープホイスト)では、どの程度の過荷重を吊り上げることが出来るのですか?
すべての製品において過荷重での使用は禁止事項です、必ず定格荷重以内でご使用願います。
電気チェーンブロックER2形の上限リミットスイッチを利用して、位置決めする使い方をしたいのですが?
取扱説明書にも記載がありますが、上限に装備しているリミットスイッチはあくまでも非常用としての巻過防止装置です。
常用すると、本体破損或いはチェーン切断等の恐れがあり危険ですのでお止め下さい。位置決めのためのリミットスイッチは製作が可能ですので、別途ご相談ください。
簡易リフトとして電気チェーンブロックを使いたいのですが?
簡易リフトの規定は電気チェーンブロック以外の装置・構造に関する項目がほとんどです。クレーン等安全規則の「簡易リフト構造規格」に準拠しなければなりません。よく規格をご理解のうえご使用ください。
また、電気チェーンブロックの容量選定については、搬器がガイドによって固定されているリフトについては、搬器自体の重量、搬器内積載重量に加えて、ガイドに対する摩擦荷重が発生しますので、充分余裕をみた機種選定を行ってください。
電気トロリMR2形を電気チェーンブロックEQ形と結合して使用できますか?
電気的な仕様が異なる為、電気トロリMR2形を電気チェーンブロックEQ形と結合して使用することはできません。電気トロリMR2形は電気チェーンブロックER2形と組み合わせて使用することを前提に設計・製作されております。電気トロリMR2形と電気チェーンブロックを結合して仕様する場合は、必ず電気チェーンブロックER2形を使用してください。この内容を守らないと、ホイストの誤動作や故障の原因となります。
製品の取扱いについては、電気チェーンブロックER2形に同梱されている『ER2形電気チェーンブロックオーナーズマニュアル』をご覧ください。電気トロリMR2形単体でご購入のお客様で『ER2形電気チェーンブロックオーナーズマニュアル』をご入用のお客様は、弊社カスタマーセンターまでお申し付けください。

操作に関する質問

オシボタン操作の電気チェーンブロック2速形の速度切換はどのように行いますか?
2段押込み式のオシボタンを使用していますので、低速・高速の切り替えはオシボタンの押込み加減で操作します。1段目まで押し込むと低速、深く2段目まで押し込むと高速となります。

使用環境に関する質問

手動チェーンブロック・電気チェーンブロック・レバーブロックの使用可能な周囲温度を教えてください。
手動チェーンブロック及びレバーブロックは-40℃~+60℃の範囲でご使用ください。電気チェーンブロックの場合は-20℃~+40℃までの使用範囲となります。
電気チェーンブロックの屋外設置は可能ですか?
対応できます。但し、屋内仕様品につき雨覆い等が必要です。
屋外・岸壁等の環境で使用する場合の対策仕様品はありますか?
防錆塗装等、使用環境に応じた各種対策がありますので、お問い合わせください。

オイルに関する質問

キトー製品に使用しているオイルの種類と量を教えてください。
必要なオイルについてはそれぞれの製品の取扱説明書に記載があります。

給電に関する質問

電気チェーンブロック及びロープホイストの給電ケーブルサイズと許容ケーブル長さについて教えてください。
各製品紹介の技術情報として以下の掲載があります。
  • 給電ケーブル許容長さ「EFL」「EFLM」「EFSP/EFSG」「SF」給電ケーブル許容長さ「ER/ERM」
  • 給電ケーブル許容長さ「ロープホイスト」給電ケーブル許容長さ「ロープホイストRF」
クレーンの給電方式及びケーブルツリテの種類を教えてください。
クレーンの給電にはいろいろな方法がありますが、[クレーンの周辺機器]で給電方法及びケーブルツリテを紹介しています。
給電ケーブルには、ケーブルツリテは何個必要となりますか?
標準的にはケーブル長さ1.5m間隔にケーブルツリテ1個が必要となります。但し、曲線ビームやその他の使用条件によって異なりますのでお問い合わせください。

技術に関する質問

短時間定格と反復定格の違いはなんですか?
電気チェーンブロックの巻上電動機の定格に概要説明があります。
各製品の安全率の設定はありますか?
キトー製品の安全率(対定格荷重)については、巻上機が4~5倍、チェーンスリングが5倍、ベルトスリングは6倍の範囲内で設定されています(機種容量により差異がございますので、お問合いわせください)。
電動製品の定格電流値はいくらですか?
格電流値については「設計工事技術資料」8項のモータ諸元表をご参照ください。または、お問い合わせください。

クレーン法規に関する質問

クレーン等安全規則の適用対象となるクレーンの定義を教えて下さい。
「荷を動力を用いてつり上げ、及びこれを水平に運搬(注.1)することを目的とする機械装置(天井クレーン、ジブクレーン、テルハ等)であって、つり上げ荷重が0.5トン以上のもの」がクレーン等安全規則の適用を受けます。
(注.1)水平運搬については、手動式を含みます。
(参考)①つり上げが動力でも水平移動の伴わないもの(固定式)は適用外です。②つり上げが手動式のものは、水平移動が伴っても適用外です。
クレーンの導入を計画しているが、法的手続きや必要な資格等について教えて下さい。
クレーンを設置する場合は、クレーン等安全規則によって製造許可・設置届(3トン以上)・設置報告書(3トン未満)の手続きと、設置後の点検が義務づけられています。
クレーン設置に関わる法的手続き及びクレーンの運転・玉掛作業に必要とされる資格については、設計工事技術資料2-2「法的諸手続」及び図書「クレーン等安全規則解説(3トン未満)」・「クレーン等安全規則解説(3トン以上)」をご覧ください。
  • ①設置時の手続き
    • 3トン以上のクレーン…クレーン製造許可工場での製造が前提条件となり、設置届、落成検査等の手続きが必要です。
    • 3トン未満のクレーン…設置報告書の提出が必要です。
  • ②点検の義務…始業前点検、月例点検、年次点検等を実施し、月例・年次点検については、その記録を作成し3年間保管する事が義務付けられています。
  • ③クレーンの運転…つり上げ荷重及び操作方式によって、「クレーン運転の業務に係わる特別の教育」、「床上操作式クレーン技能講習」、「床上運転式クレーンに限定したクレーン・デリック運転士免許」、「クレーン・デリック運転士免許」等の資格が必要です。
  • ④玉掛作業者の資格…つり上げ荷重により「玉掛作業に係わる特別の教育」、「玉掛技能講習」等の資格が必要です。
    *詳細は、日本クレーン協会のホームページをご参照下さい。

点検に関する質問

チェーンブロックやレバーブロック等の点検について法的規制はありますか?
チェーンブロックやレバーブロックを玉掛用具として使用する場合は、クレーン等安全規則で「使用前点検」の実施が定められております。
なお、玉掛用具以外の使用の場合は点検に関する法的規制はありませんが、安全にご使用いただくためにも同レベルの点検実施を推奨しております。
主なキトー製品の点検方法と判定基準を教えて下さい。
各製品の定期点検基準マニュアル、またはオーナーズマニュアルをご参照下さい。「取扱説明書、部品表他」に掲載されています。

その他に関する質問

キトー製品の保証期間はどのくらいですか?
現品お引渡し日から1年間とさせていただきます。但し、条件は製品に同梱されている品質保証書をご覧ください。
(キトーエクセルER2およびキトーEQは、製品保証3年、昇降ブレーキ保証10年です。)

法的諸手続

クレーンを設置する場合は、クレーン等安全規則によって製造許可・設置届・設置報告書等の手続と設置後の点検が義務づけられています。また、クレーンの運転または、玉掛けの業務にたずさわる作業者は、それぞれ定められた資格を持っていなければなりませんのでご注意ください。

お問い合わせ

インターネットでのお問い合わせメールフォームからお問い合せください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合せ最寄のカスタマーセンターへお問い合わせください。

カスタマーセンター一覧
Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。