KITO

上海キトーが「第五回 国際原発運営大会 INPOM2018」に出展

2018/08/24

ホイスト&クレーンの株式会社キトー(本社:山梨県中巨摩郡、代表取締役社長:鬼頭芳雄)の中国子会社、上海キトーは、9月5日(水)から9月7日(金)まで中国・深圳で開催される、「第五回 国際原発運営大会(INPOM2018)」に出展いたします。

出展概要

【展示会名称】

第五回 国際原発運営大会(INPOM2018)
http://www.innchinc.com/INPOM2018/ 

【期 間 】

2018年9月5日(水)~9月7日(金)  3日間

【会 場】

深圳市大鹏新区大亚湾核电基地文化中心1楼

【キトーブース 】

会場6番目ブース

第五回 国際原発運営大会(INPOM2018)は、年に一度開催される、原子力発電業界に特化した国際的な展示会です。前回の展示会では、アメリカやイギリス、フランス、ロシアなど世界の専門家210名の方が出席しスピーチを行いました。

主な展示製品

・手動チェーンブロックCB、手動チェーンブロックCX
・レバーブロックLB、レバーブロックLXなど

企業紹介
キトーは1932年の創業以来、マテリアル・ハンドリング機器のリーディングカンパニーとして、あらゆる産業のお客様に安全かつ高品質な製品とサービスをお届けしております。チェーンブロック、レバーブロック、ロープホイスト、クレーンといった基幹製品や、チェーンスリングや吊り具などのホイスト周辺機器にいたるまで、キトーの製品は、世界50か国以上のお客様にご利用いただいており、お客様から高い評価をいただいております。キトー上海は2004年の設立以来、ホイスト製品のコンポーネント販売を中心に事業を展開しています。

PDF版はこちら:
上海キトーが「第五回 国際原発運営大会(INPOM2018)」に出展)      

本件に関するお問い合わせ先
 株式会社キトー
 コーポレート・コミュニケーション部
 Tel:03-5908-0161 Fax: 03-5908-0169
 Email: pr@kito.com











                                                                                                                                            



                                                                   

Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。